2020年度 保育実践論文 入選発表のイメージ画像

ソニー幼児教育支援プログラム

2020年度 保育実践論文 入選発表

今年度は全国の幼稚園・保育所・認定こども園より136件の応募がありました。
厳正なる書類審査、例年の現地調査に代わる、コロナ禍でのオンラインインタビューや日頃の保育実践を記録したビデオによる審査を経て、審査委員会により、下記の入選園を決定しました。

最優秀園

ソニー幼児教育支援プログラム 最優秀園(2園)
教育助成金200万円とソニー製品

 イメージ画像
最優秀園

学校法人仙台みどり学園 幼保連携型認定こども園 やかまし村/宮城県

テーマ:
身近な生き物との日々の出会いの中で紡ぎだされる科学する心の芽生えとは~このさかなはなんというさかな?けやきのもり水族館日誌から~
 イメージ画像
最優秀園

世田谷区立希望丘保育園/東京都

テーマ:
虫のようにしなやかに野草のようにたくましい心を育てる
~のっぱらプロジェクトの取り組み~

優秀園 審査委員特別賞

ソニー幼児教育支援プログラム 優秀園 審査委員特別賞(1園)
教育助成金30万円とソニー製品

 イメージ画像

企業主導型保育所 保育園 にじのおうち/滋賀県

テーマ:
「“おもしろい”みーつけた!!」0・1・2歳児の科学する心

優秀園

ソニー幼児教育支援プログラム 優秀園(7園)
教育助成金30万円とソニー製品

社会福祉法人檸檬会 レイモンド新三郷保育園/埼玉県

NPO法人東村山子育て支援ネットワークすずめ つばさ保育園/東京都

大津市立伊香立・真野北幼稚園/滋賀県

京都市楽只保育所/京都府

京都市立明徳幼稚園/京都府

社会福祉法人照治福祉会 阿武山たつの子認定こども園/大阪府

社会福祉法人芽豆羅の里 幼保連携型認定こども園 めずらこども園/大分県

優良園

ソニー幼児教育支援プログラム 優良園(13園)
教育助成金10万円とソニー製品

●札幌市立手稲中央幼稚園/北海道 (大千葉大学教育学部附属幼稚園/千葉県 (福喜慈会 子中保育園/神奈川県 (福檸檬会 レイモンド川崎保育園/神奈川県 (福さがみ愛育会 幼保連携型認定こども園 愛の園ふちのべこども園/神奈川県 ●草津市立矢倉幼稚園/滋賀県 ●京都市立楊梅幼稚園/京都府 (学共立学園 認定こども園 新光明池幼稚園/大阪府 (学七松学園 認定こども園 七松幼稚園/兵庫県 ●加古川市立加古川幼稚園/兵庫県 ●姫路市立曽左幼稚園/兵庫県 (学水谷学園 認定こども園 北陵幼稚園・北陵保育園/島根県 (福愛育福祉会 幼保連携型認定こども園 こばと保育園/宮崎県

奨励園

ソニー幼児教育支援プログラム 奨励園(47園)
教育助成金5万円とソニー製品

●札幌市立はまなす幼稚園/北海道 ●札幌市立もいわ幼稚園/北海道 (福五倫会 美郷こども園/青森県 (学中沢学園 認定こども園 会津若葉幼稚園/福島県 (学中沢学園 みなみ若葉こども園/福島県 (福高田幼児 幼保連携型認定こども園 ひかり/福島県 ●川俣町立川俣南幼稚園/福島県 ●川俣町立富田幼稚園/福島県 ●君津市立常代保育園/千葉県 (福檸檬会 レイモンド汐見丘保育園/千葉県 ●足立区立中島根保育園/東京都 (福砂原母の会 そあ保育園/東京都 ●北区立浮間保育園/東京都 ●墨田区立寺島保育園/東京都 ●千代田区立番町幼稚園/東京都 (学育英幼稚園/東京都 (学織田学園 おだ認定こども園/東京都 (学錦秋学園 錦秋幼稚園/東京都 (学あおい学園 あおい幼稚園/新潟県 (福岡山福祉会 岡山幼保連携型認定こども園/新潟県 (福浄勝会 幼保連携型認定こども園 出雲崎こども園/新潟県 (大福井大学教育学部附属幼稚園/福井県 (大山梨大学教育学部附属幼稚園/山梨県 ●伊那市立高遠保育園/長野県 ●伊那市立西春近北保育園/長野県 ●伊那市立西箕輪南部保育園/長野県 (福信州福祉会 わかば保育園/長野県 ●高浜市立高浜南部幼稚園/愛知県 ●西尾市立鶴城幼稚園/愛知県 (福どんぐり会 どんぐり保育園/滋賀県 (福徳雲福祉会 大井こども園/京都府 ●南丹市立八木中央幼児学園/京都府 (大京都教育大学附属幼稚園/京都府 (株なーと こどもなーと保育園/大阪府 (福堺暁福祉会 幼保連携型認定こども園 あかつき保育園/大阪府 (福堺暁福祉会 幼保連携型認定こども園 かなおか保育園/大阪府 (福ゆずり葉会 幼保連携型認定こども園 深井こども園/大阪府 (株なーと こどもなーと摂津保育園/大阪府 ●箕面市立なか幼稚園/大阪府 ●芦屋市立打出保育所/兵庫県 (福堺暁福祉会 幼保連携型認定こども園 きらり保育園/兵庫県 ●西脇市立しばざくら幼稚園/兵庫県 ●奈良市立富雄北幼稚園/奈良県 ●勝央町立高取保育園/岡山県 ●東広島市立御薗宇幼稚園/広島県 ●丸亀市立城東幼稚園/香川県 (福モロナイ会 幼保連携型認定こども園 モロナイ保育園/熊本県

審査委員長総評

2020年度「ソニー幼児教育支援プログラム」保育実践論文に、全国34都道府県の幼稚園・保育所・認定こども園から、136件というご応募をいただきました。

本年度は、新型コロナウイルスの猛威により、園の皆様におかれましては、感染予防対策や保育そのものをどう進めればよいか試行錯誤しつつ、日々、ご尽力されたことと存じます。この難局にも関わらず、素晴らしい実践をご報告いただきましたことに、深い感銘を受けるとともに心から感謝申し上げます。
これも、保育者の皆さまが、「科学する心」を常に原点として、未来を担う子どもたちのために、乳幼児期の子どもたちへの理解を深め、独自性に溢れた保育に取り組まれた結果と思われます。

甲乙つけ難い優れた論文を多数いただきましたので、審査委員会での選考は困難を極める状況でございました。個別調査も踏まえた厳正な審査の結果、最優秀園2園、優秀園8園、優良園13園、奨励園47園を選出いたしました。また、優秀園の中で、特にユニークな実践をご報告いただいた1園を審査委員特別賞といたしました。

最優秀園の一つは、地方の豊かな自然環境の中で外来種と出合い、生物多様性と一つの命との葛藤の中で、持続可能性にも関係する重要テーマに向き合った実践、もう一つは、都市部の限られた状況の中、子どもが中心になって「のっぱら」を生成し実体験を通して自然を深く探究していく実践を選出いたしました。
コロナ禍を体験し、改めて子どもの頃からの環境の重要さが問われている中、今回の最優秀園は両園ともまさに、時代に即した発信につながる大変優れた取り組みといえます。

全体的な論文の傾向としては、保育者が、子どもの姿をよく観てよく聴いて、そこから研究、探究を進めていく実践の報告が多く見受けられました。特に、子どもの着想の面白さが記録されたものが増えてきている点は、質が高くなってきた証と言えましょう。
また、園のそれぞれの特色が際立ち、「失敗との出合いから、科学の本質に迫る体験をしている姿」「観察から様々な表現に体験が広がる姿」「一つの探究が多岐に渡る姿」など、子どもたちの「科学する心」の育ちのプロセスを省察した事例も見られるようになってきました。
さらに、さまざまな記録やドキュメンテーション、子どもが作る図鑑や掲示物などの可視化の工夫を記述する園が半数を超えており、保育者、子ども、さらには保護者が、「科学する心」を発揮する子どもの姿を共有している事例が年々増えていることも特徴です。
そして、何より特筆すべきこととして、「科学する心」を育むために、ICT(情報通信技術)を保育や研修に活かされている園が増えてきたことが挙げられます。特に本年は、オンライン会議を活かした子どもと専門家とのつながりや、コロナ禍の休園中、家庭に動画配信し親子の思いを共有できる機会を工夫するなどの取り組みが提案されました。
これらの保育の創意工夫により、子どもたちの「科学する心」が育まれる過程や心の育ちが明らかになった実践から「科学する心を育てる保育の醍醐味」「子どもと共に探究する面白さ」が伝わって参ります。

これからも子どもたちのために、先生方がより広い視野と子どもに寄り添う視点から「科学する心を育てる」保育を目指して取り組まれることを願ってやみません。
次年度も地域や園の特徴を活かし、大人の想像を超える子ども独自の発想から生まれたユニークな実践のご応募に強く期待しております。

審査委員長

小泉英明/(株日立製作所 名誉フェロー

審査委員

青木清/上智大学 名誉教授
秋田喜代美/東京大学大学院 教授
大豆生田啓友/玉川大学 教授
神長美津子/國學院大學 教授
(五十音順)

募集要項