サイトについて

プライバシーポリシーソニー教育財団

制定:2005年4月1日
「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」を含めた構成に変更 2014年11月1日

公益財団法人 ソニー教育財団(以下、当財団とします)では、私どもの活動にご協力下さる皆様の個人情報は、皆様が当財団を信頼し、ご自身の意思によって特定の利用目的のために当財団に預けてくださったものであり、その個人情報を安全に保管し、皆様の意思を尊重して利用することが重要な責務であると考えております。

私どもは次に掲げた事項を常に念頭に置き、皆様からお預かりした個人情報保護に万全を尽くすことをここに宣言いたします。

個人情報の取り扱いについて

(法令の遵守)

  1. 当財団は、個人情報(特定の個人を識別できるもの。以下も同様とします。)を取り扱う際に、個人情報の保護に関する法律をはじめ個人情報保護に関する諸法令、および主務大臣のガイドラインに定められた義務、ならびに本ポリシーを遵守します。

(利用目的の範囲内での利用)

  1. 当財団は、あらかじめご本人の同意を得た場合、および法令により認められた場合を除き、あらかじめ特定された利用目的の達成に必要な範囲内でのみ個人情報を取り扱います。

(個人情報の取得)

  1. 当財団は、あらかじめ利用目的、共同利用者の範囲、お問い合わせ窓口等の必要な情報を明示し、ご本人の同意を得たうえで個人情報を取得するよう努めます。なお、当財団では、私どもの活動への参加登録、ご応募やお問い合わせに関する内容を記録あるいは録音させていただく場合がございます。

(15歳未満のお客様の個人情報)

  1. 当財団は、15歳未満のお客様から個人情報を取得する可能性がある場合、保護者のご同意のもとにご提供いただけるよう明示したうえで取得する等、個人情報の取り扱いに関し、特別の配慮を行います。

(安全管理措置)

  1. 当財団は、お預かりした個人情報を利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つよう努め、不正なアクセス、漏えい、改ざん、滅失、き損等を防止するため、現時点での技術水準に合わせた必要かつ適切な安全管理措置を講じ、必要に応じて是正してまいります。

(委託先の監督)

  1. 当財団は、利用目的の達成に必要な範囲内において、お預かりした個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合があります。これらの第三者は、個人情報の取り扱いにつき、十分なセキュリティ水準にあることを確認のうえ選定し、契約等を通じて、必要かつ適切な監督を行います。

(第三者への提供)

  1. 当財団は、法令により認められた場合を除き、ご本人の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供しません。なお、当財団は、オプトアウト制度(個人情報の保護に関する法律第23条第2項)を利用して、個人情報を第三者に提供しません。

(ご意見・ご相談への対応)

  1. 当財団は、個人情報の開示、訂正、財団活動の紹介の停止、消去その他の個人情報の取り扱いに関するご意見やお問い合わせに対し、法令の規定に基づき、適切に対応いたします。皆様が個人情報を提供された当財団の案内する窓口までご連絡ください。

(財団内体制の継続的改善)

  1. 当財団は、お預かりした個人情報を適切に取り扱うために、個人情報の管理責任者の設置、内部規程の整備、役員および従業員への教育ならびに適正な内部監査の実施等を通じて、本ポリシーの見直しを含めた財団内体制の継続的強化・改善に努めます。

公益財団法人 ソニー教育財団
会長 盛田昌夫

「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表等の対象事項

「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表等の対象事項

ウェブサイトでの情報の取り扱いについて

当財団は、ウェブサイトにおける利用状況を分析するため、あるいは会員制のサービス等において個々のご利用の皆様に対してよりカスタマイズされたサービスを提供するため、クッキー、ウェブビーコンその他の類似技術を使用する場合がございます。
クッキーやウェブビーコン等は、匿名情報として統計的な分析等に利用されるほか、会員制のサービス等では、よりカスタマイズしたサービスを提供するため、ご利用の皆様を識別する情報と関連付ける場合がございます。

ウェブサイトを閲覧する場合

ご利用の皆様は、ご利用のブラウザーの設定を変更することにより、クッキーやこれと同様の機能を有するデータの受け取りを拒否することで、クッキー情報とウェブビーコンによる匿名の閲覧情報との関連付けを無効にすることができます。但し、その場合には、そのウェブサイトにおけるサービスの利用ができないことがございます。あらかじめご了承ください。

電子メールの配信の場合

当財団は、ウェブサイトの運営改善あるいはその他財団の活動の参考にするため、HTMLメールにてウェブビーコンを使用する場合がございます。HTMLメールをお読みいただく場合、メール開封/プレビューの有無や、クリックされた画像やテキストといった閲覧情報が、匿名情報としてではなく、ご利用の皆様個人を識別可能な情報として当財団に記録されます。こうした記録を望まれない場合、HTMLメールの配信停止の手続をとるようお願いします。

用語の説明

クッキー

ご利用の皆様が特定のウェブサイトにアクセスされた際、ウェブサーバからコンピューター等のご利用端末に、一定のデータファイルを送付、保存しておく仕組みで、ご利用の皆様が同じウェブサイトに再度アクセスされた際に、ご利用端末の以前の利用状況をウェブサーバ側で識別できるようにする技術です。

ウェブビーコン

目に見えない画像をウェブサイトやHTMLメールに埋め込むことで、それらをご利用の皆様が閲覧した際に、その閲覧情報をウェブサーバ側に記録する仕組みです。

HTMLメール

会員制サービスにおいて配信される、ウェブサイトのレイアウトなどに使うHTML言語で本文を記述した電子メールのことで、通常、写真や画像が貼付されているものです。