科学の泉-子ども夢教室

第10回 科学の泉(2014年度)開催レポート科学の泉-子ども夢教室

開催概要

  • 開催日:2014年8月3日(日)~8月8日(金) 5泊6日
  • 場所:新潟県十日町市
  • 参加者:小学校5年生~中学校2年生、28名

活動報告


8月3日~8日の5泊6日、新潟県十日町市当間高原ベルナティオにおいて、第10回目となる「科学の泉-子ども夢教室」を開催しました。ノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏を塾長に、全国から集まった塾生28名、小・中学校の教諭による指導員11名とスタッフを加え、約50名が参加しました。今年の夏は全国的に猛暑や大雨に見舞われましたが、開催期間中は天候にも恵まれ、当間高原の自然の中、たくさんの生物・植物や美しい夜空の星を観察することができました。

期間中のほとんどの時間は、自然の中で自ら見つけた課題を追究する「自然に学ぶ」に費やします。子どもたちは異学年で構成された7つの班に分かれ活動しますが、各人の興味や関心は尊重されます。水辺で種類の違うカエルを捕まえる塾生、長い間トンボの軌道を目で追い上手に捕まえられるようになる塾生、さまざまな色や形のキノコを調べる塾生・・・。仲間と共に図鑑や顕微鏡などを用いて、「よく観察し、記録し、調べ、考える」ことを大切に取り組みました。
指導員はただ見守り、何かを教えることは決してありません。実はこの「教えない」という行為は、大人にとっては意外に難しいこと。子どもと一緒に活動し、悩み、感動しながら、子どもたちの自主性をサポートしました。

1日目

活動の開始となる「始めの会」では、塾長の白川英樹氏から「自然は未知にあふれた宝の山」であり、インターネットなどではなく実際に見ることの大切さ、「よく観察し、記録し、調べ、考える」ことの大事さを学びました。はじめて会ったばかりで緊張気味の塾生28名でしたが、夕食後のレクリエーションタイムにはもうすっかり仲良くなっていました。

2日目

「自然に学ぶ」初日。班に分かれた子どもたちと指導員は、網や虫かご、スケッチブックやミニ図鑑などを手に、野山や水辺に出かけました。初日はカエル、ヤゴ、ゲンゴロウ、マツモムシなど、水辺の生き物に興味を持つ塾生が多いようでした。夜には真っ暗な森を懐中電灯だけ持って歩くナイトウォークにでかけました。その後、芝生にシートを敷いて寝ころびながらの星空観察をしました。タイミングよく雲が切れ、夏の大三角や周囲の星がきれいに見えました。

3日目

「自然に学ぶ」の合間に、白川英樹氏がノーベル賞を受賞したきっかけとなった「導電性プラスチック」の実験を行いました。触媒溶液とEDOTの混合液を透明フィルムに塗り、フィルムスピーカーを作りました。
全員成功!透明フィルムに電気が通ること、フィルムスピーカーにアンプをつなげると音が聞こえることに、みんなとても驚きました。

4日目

バスに乗ってブナ林に行きました。森の女王と呼ばれる木肌の美しいブナ林に足を踏み入れると、少しひんやりします。成長の過程で雪の重みに根本が曲がったブナの木がたくさんありました。クマがブナの木に付けた爪痕も見ました。木に虫を見つける塾生や、これまで活動していた場所とは違う植物やキノコ類を見つけて採取する塾生、落ち葉がたくさん積もりフカフカの土に驚く塾生もいました。

5日目

翌日の「活動報告会」に向け、各自の研究内容と班での発表の準備をしました。午後は採集した生き物を“元居た場所”に戻しに行きました。もっと自然の中でいろいろな生き物の観察がしたい・・・少しさみしそうな塾生もいました。夜は、白い大きなシーツを壁に貼り、強力なライトを当てて虫を誘うライトトラップを見ました。

最終日

活動報告会を行いました。塾長の白川英樹氏、塾生や指導員をはじめ、参加者全員の前で自分達の研究成果を発表します。生物・植物の生息する環境、実際に目で見たり解剖したりして確かめた興味深い生態など、各自がそれぞれのやり方で調べ、発見したことについて説明しました。実物を見て、体感してこその発表には説得力があり、大人たちも知らないおもしろい発見がたくさんありました。
午後からは保護者の方も参加する「終わりの会」が開催されました。塾生が一人ずつ6日間の振り返りと感想を述べ、白川英樹氏から修了証を授与されました。科学の泉の塾生、指導員は、毎年3月に開催する「交流会」に参加します。これからもずっと続く大切な仲間になりました。再会が楽しみです。

自然に学ぶ(異学年グループの活動)

各班の代表者によるレポートをご覧ください。(PDF)
※グループ名はか・が・く・の・い・ず・みの頭文字からつけています。

グループ名 テーマ
KKKH班 カエルの種類調べと飼育環境づくり/食べることのできる植物調べ/発見した昆虫調べ
ガッツ好奇心120%班 自然から学んだこと
くりとくるみ班 田んぼ周辺の生物調べ
ノーベル賞とりたい班 水辺の生き物について
いずみかがくの班 2つの水辺の環境のちがいとそこにすむ生き物
ずっと見てるよ!動植物が!!班 あてまップ冒険記~私たちが当間高原の豊かな自然の中で感じたこと~
水辺調査班 水辺の生き物を調べよう!