教育助成

ソニー子ども科学教育プログラム論文募集要項教育助成(論文・発表)

小学校・中学校

ソニー教育財団では、子どもたちの「科学する心」を育む、教育実践と計画をまとめた論文を募集し、より良い教育の実践に情熱をもって取り組んでいる小学校・中学校を支援しています。子どもたちの「なぜ?」「どうして?」を大切に育て、「豊かな感性」と「創造性」そして、「主体性」を育んでいくための教育の提案を募集します。

2017年度 論文募集要項募集終了

募集内容

主題

「科学が好きな子どもを育てる」~「なぜ」を大切に、感性・創造性・主体性の育成~

内容

主題にもとづく、理科や生活科を中心とした教育の「実践」と「計画」

  • 教育実践

    • 新規応募*1

      2015年4月1日~2017年8月31日の期間内に行った実践

    • 連続応募*2

      2016年9月1日~2017年8月31日の期間内に行った実践

  • 教育計画

    2018年4月1日~2019年3月31日の期間に実践する計画

  2015 2016 2017 2018
4月 9月 4月 9月 4月 9月 4月 9月
  ★9月4日締切
教育実践 新規応募 2015年4月1日~20167年8月31日  
連続応募   2016年9月1日~2017年8月31日  
教育計画   2018年4月1日~
2019年3月31日
  • *1…新規応募とは、初めて応募される場合および連続応募ではない場合です。
  • *2…連続応募の論文には、前年度の論文に記載された「教育計画」による実践を含めてください。
応募資格

全国の国・公・私立の小学校、中学校(特別支援学校等を含む)*3

  • *3…義務教育学校、中等教育学校を含みます。
    学校全体、あるいは学年・学級・教科部会単位で応募できますが、応募は1校から1件のみです。
    前年度(2016年度)の最優秀校は、今年度(2017年度)はご応募いただけません

助成

最優秀校 教育助成金300万円とソニー製品*1
優秀校 教育助成金50万円とソニー製品*1
奨励校 教育助成金10万円とソニー製デジタルスチルカメラ1台*2
子ども科学賞 全応募校にソニー製デジタルスチルカメラ1台*2
  • *1…ハイビジョン液晶テレビ、プロジェクター、ハンディカムなどから1セット。
  • *2…変更になる場合があります。

審査について

審査

審査項目と配点
審査項目 配点の割合
  1. 貴校が考える「科学が好きな子ども像」
  2. 新規・連続応募に応じた対象期間内の「教育実践」
50%
  1. 「教育実践の成果と課題の考察」
  2. 上記「3.」にもとづく次年度の「教育計画」
50%
審査の観点
  1. 貴校が考える「科学が好きな子ども像」が明確に提示されている
  2. 「教育実践」において「科学が好きな子どもを育てる」ための創意工夫がなされている
  3. 「教育実践」における「子どもの姿や変容」が具体的に記載されている
  4. 「教育実践の成果と課題の考察」が、子どもの姿を通して明確に記載されている
  5. 成果の向上や、課題を達成するための「教育計画」が提示されている
  6. 授業を中心に、学校全体や地域と連携した活動が行われている
その他
  • 審査の過程で、現地調査のためにソニー教育財団の者が訪問する場合があります。
  • 本プログラムへの過去の応募論文からの転載は、減点または審査対象外となります。

審査委員(敬称略)

審査委員長
  • 御手洗康/学校法人共立女子学園 常務理事、元文部科学事務次官
審査委員
  • 渥美雅子/弁護士
  • 大髙泉/筑波大学大学院 教授
  • 清原洋一/文部科学省初等中等教育局 主任視学官
  • 久保田重夫/株式会社オキサイド 久保田研究室 フェロー/工学博士、元東京大学生産技術研究所 特任教授

論文作成規定

用紙サイズ A4判
表紙・目次 表紙には「校長名と押印」「PTA会長名と押印」が必要
本文 15ページ以上、25ページ以内(表紙と目次を含まず)
ページ番号 各ページにページ番号を付記
文字サイズ 「本文」は11ポイント以上、「図・表」は8ポイント以上
時期の記載 教育実践には「年・月」を、教育計画には「年度」を明記
参考・引用 参考・引用文献がある場合は本文中に明記
研究代表者・執筆者 研究代表者名・執筆者名を本文の最終ページに記載

応募方法(郵送のみ)

応募書類(3点)

1.論文 印刷してクリップ留め(製本厳禁)
2.学校紹介資料 教育目標、教職員一覧、日課表、校舎配置図をそれぞれA4判にコピーしたもの
3.応募票 応募要項の綴じ込み、または下記からダウンロードしたものに必要事項を記載

PDF(応募票・募集要項のセット)

Excel(応募票のみ)zip形式 ※解凍してください

  • 応募書類は返却しません。また、提出後の差し替えは原則として受け付けません。
  • 1点でも不足している場合は受理できません。

郵送先

〒140-0001
東京都品川区北品川4-2-1 御殿山アネックス2号館
公益財団法人ソニー教育財団 子ども科学教育プログラム事務局
Tel: 03-3442-1005

受付期間

2017年8月1日(火)~2017年9月4日(月)(当日消印有効)

入選発表

2017年12月中旬に当財団のホームページ上で発表します。応募校には、郵送で結果をお知らせします。

成果発表

最優秀校と優秀校には、以下の成果発表を行っていただきます。

最優秀校
  • 論文の全文公開(写真を含む)
  • 「子ども科学教育研究全国大会」を2018年度に開催
優秀校
  • 論文の全文公開(写真を含む)
  • 2018年度に開催の「子ども科学教育研究全国大会」にてポスターセッションで発表
  • 審査委員が全国大会での実践状況を視察します。この様子と講評はホームページに公開します。
  • 「子ども科学教育研究全国大会」は受賞の翌年度に開催・参加していだきます。

論文の著作権および使用について

  • 応募いただいた論文や写真の著作権は、公益財団法人 ソニー教育財団に帰属します。
  • 入選校の名称、所在地、研究内容などの本プログラムに関わる情報は、成果の還元、普及や財団の広報活動のために使用、公開します。
  • 応募票に記載された情報は、本プログラムに関する審査結果の通知、贈呈式等の各種行事の案内、その他の確認のために使用します。

2017年1月