教育助成

ソニー幼児教育支援プログラム 2017年度 論文募集要項教育助成(論文・発表)

幼稚園・保育所・認定こども園

2017年度の募集は終了しました。入選発表は2017年12月中旬予定です。(応募園には郵送でお知らせします。)

子どもたちの豊かな感性、主体性、創造性の芽生え、思いやりの心などを育むには、様々なアプローチの仕方があります。ソニー教育財団では「科学する心」に焦点を絞り、より良い保育実践に取り組んでいる全国の幼稚園・保育所・認定こども園を支援しています。「科学する心を育てる」ために子どもの発想や保育者の熱意を活かし、子どもの姿を中心にした独自性のある実践と計画をまとめた論文を募集します。

募集内容

主題 「科学する心を育てる」~豊かな感性と創造性の芽生えを育む~
内容 子どもたちの主体的な遊びや生活を大切にした、「豊かな感性」と「創造性の芽生え」を育むための保育実践とその考察に基づく今後の方向性を募集します。
対象 全国の幼稚園・保育所・認定こども園(主に3~5歳児の活動)
  • 応募は1園から1件のみ。
  • 代表者(園長・所長及び保護者の会)の承認を得た上でご応募ください。
  • 前回(2016年度)の最優秀園は、今年度(2017年度)はご応募いただけません。
受付期間 2017年8月14日(月)~9月11日(月)※当日消印有効

助成

応募園または保護者の会などに対して下記の助成をします。

最優秀園 教育助成金100万円とソニー製品*1
優秀園 教育助成金20万円とソニー製品*1
※特にユニークな内容の論文には審査委員特別賞を授与することがあります。
奨励園 教育助成金5万円とソニー製CDラジカセ1台*2
参加賞 全応募園にソニー製デジタルスチルカメラ1台*2
  • *1…ハイビジョン液晶テレビ、プロジェクター、ハンディカムなどから1セット。
  • *2…変更になる場合があります。

応募について

応募書類

以下3点をセットにしてお送りください。※1点でも不足している場合は受理できません。

1.論文 表紙・目次および論文本文とし、下記「論文作成規定」を参照
2.応募票 募集要項の綴じ込み、または下記からダウンロードしたもの

PDF(応募票・募集要項のセット)

Excel(応募票のみ)zip形式 ※解凍してください

3.園紹介資料 一日の生活・年間行事予定・園舎内概略図・園庭概略図

論文の必須項目

  • 「科学する心を育てる」についての考え方と取り組みのテーマ
  • 具体的な子どもの姿に基づく実践報告
    子どもの言動、保育者の関わりや環境など、遊びの状況が分かる記述
  • 実践の考察
    上記の実践での子どもの姿を、貴園が考える「科学する心を育てる」という視点から考察
  • 考察に基づく課題と今後の方向性・計画
    • 未発表であれば、今年度の実践に限らず、数年前の実践や今年度にいたる継続的な実践もご応募いただけます。
    • 連続応募園は、前回の方向性・計画をどのように展開されたか、その内容と考察を記述ください。

論文作成規定

用紙サイズ A4判
ページ数 本文10ページ以上20ページ以内、ページ番号を付記
表紙・目次 規定ページ数には含まない
文字サイズ 「本文」11ポイント以上、「図・表」8ポイント以上
事例表記 実践時期と対象年齢を明記
参考・引用文献 参考・引用文献がある場合は、本文中に明記
研究代表・執筆者名 本文最終ページに記載
提出形態 応募書類(論文、園紹介資料)はクリップ留め

留意事項

  • 本プログラムへの過去の応募論文からの転載(文章・写真等)は、内容的に必要と認められない場合は、減点あるいは審査対象外とします。
  • すでに他で発表している論文と概ね同じ記述の論文は、審査対象外とします。
  • 応募書類以外の添付資料や、DVD、ビデオなどの動画資料は審査の対象外です。
  • 応募書類は返却しません。また、提出後の差し替えは原則として受け付けません。

応募方法(郵送のみ)

郵送先

〒140-0001
東京都品川区北品川4-2-1 御殿山アネックス2号館
公益財団法人ソニー教育財団 幼児教育支援プログラム
Tel: 03-3442-1005 Fax: 03-3442-1035

3点すべての応募書類(論文・応募票・園紹介資料)を確認の上、当財団までお送りください。

締切:2017年9月11日(月)当日消印有効

審査について

審査委員(敬称略)

審査委員長
  • 小泉英明/(株)日立製作所 名誉フェロー
審査委員
  • 青木清/上智大学 名誉教授
  • 秋田喜代美/東京大学大学院 教授
  • 大豆生田啓友/玉川大学 教授
  • 神長美津子/國學院大學 教授
  • 応募論文に基づく書類審査に加え、上位入選候補園については、現地調査の結果を加味します。

入選発表

2017年12月中旬に、当財団ホームページで発表します。 応募園には郵送でお知らせします。

成果発表

入選園には次のような発表活動にご協力いただきます。

最優秀園
  • 論文の全文公開(写真含む)
  • 2018年度に最優秀園実践発表会を開催(必須)
優秀園
  • 論文の公開(写真含む)
  • 2018年度に優秀園提案研究会を開催(希望園)
  • 審査委員特別賞を受賞した場合は、優秀園 審査委員特別賞実践提案研究会を開催(必須)

論文の著作権及び使用について

  • 応募いただいた論文や写真の著作権は、公益財団法人 ソニー教育財団に帰属します。
  • 入選園の名称、所在地、研究内容などの本プログラムに関わる情報は、成果の還元、普及や財団の広報活動のために使用、公開します。
  • 応募票に記載された情報は、本プログラムに関する審査結果の通知、贈呈式等の各種行事の案内、その他の確認のために使用します。

2017年5月