ニュース

<開催速報>2016年度 教育助成プログラム 贈呈式ニュース

最優秀校の実践発表
教育助成金と目録の贈呈
贈呈式に花を添えるソニー吹奏楽団の生演奏

2017年1月21日(土)にソニー(株)本社にて、ソニー教育財団主催「ソニー教育助成プログラム 入選校・入選園 贈呈式」を開催しました。

本プログラムは「日本の発展には子どもたちの科学教育こそ重要」と唱えたソニー創業者 井深大が1959年に始めた教育支援活動で、全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園から教育実践論文を募集し、特に優れた取り組みに、教育助成金とソニー製品を贈呈しています。

今年度は、全国の小・中学校より220件、幼稚園・保育所・認定こども園より109件、合計329件の論文応募があり、書類審査、現地調査および厳正なる最終審査を経て入選した15校、15園の校長・園長、研究担当、PTA・保護者会代表、文部科学省初等中等教育局局長をはじめとするご来賓の方々を合わせ、150名以上に列席いただきました。最優秀の学校には300万円、園には100万円の助成金と、テレビ、プロジェクター等から選択したソニー製品の目録が、ソニー教育財団 会長 盛田昌夫より直接手渡されました。 文部科学省の藤原誠氏は、祝辞の中で、科学教育や幼児期の科学する心の芽生えに熱心に活動する先生方に敬意を表されました。

次年度の「ソニー教育助成プログラム」募集は、2017年8月から開始いたします。

授賞された学校・園の論文は、ホームページでお読みいただけます。

2017/01/27