ニュース

<開催速報>2016年度 子ども科学教育研究全国大会:福島市立三河台小学校ニュース

テーマ 自分らしく科学し続ける子どもを育てる~理科・生活化を主軸とした科学単元「サイエンスユニット」を活用した授業実践~
開催日 2016年10月21日(金)
会場 福島県福島市立三河台小学校(2015年度ソニー子ども科学教育プログラム最優秀校)
主催 福島県福島市立三河台小学校
公益財団法人 ソニー教育財団
ソニー科学教育研究会(SSTA)
講演 川口淳一郎氏/JAXA シニアフェロー、宇宙科学研究 宇宙飛翔工学研究系 教授・工学博士
研究発表
公開授業
授業者と語ろう
ポスターセッション・テーマセッション
記念講演 川口淳一郎氏

10月21日(金)に、福島県福島市立三河台小学校にて、「2016年度 子ども科学教育研究全国大会」を開催しました。県内外からの教育関係者、学校関係者など、300名を超える大勢の方々が参加されました。

大会冒頭の「研究発表」では、論文の研究代表者の発表が行われました。理科・生活科と他教科・他領域を関連づけながら、総合的な科学教育を実践する「サイエンスユニット構想」について詳しい説明がありました。

公開授業では、『学年毎に「サイエンスユニット」を設定して行う』という、他校では見られない工夫があり、授業に引き続き、学年毎に分かれて、「授業者と語ろう」の時間が設けられました。授業者への「サイエンスユニット」の取組みに対する質問や、参加者からも様々な感想や意見が出され、双方にとって、気づきや今後の授業へのアイデアを得ていました。

午後からは、「ポスターセッション」と、それに続く「テーマセッション」が行われました。「テーマセッション」は、「ポスターセッション」での研究内容を4つのテーマ(課題・対話・追究・単元構成)に分け、「ポスターセッション」での研究内容を基調に、発表者と参加者が日々の実践の中で感じる疑問や考えを議論し深め合うというユニークな取組みとなりました。

全体会では、開会の言葉、主催者挨拶、来賓挨拶に続いて、「論文審査委員講評」が行われ、筑波大学大学院教授の大髙泉氏が公開授業について講評を述べられ「最優秀校に相応しい授業の様子を見ることが出来た」と締めくくられました。

「記念講演」には、「はやぶさ」の科学衛星ミッションでプロジェクトマネージャーを務められた、JAXAシニアフェロー 川口淳一郎氏が登壇され、「やれる理由こそが着想を生む。」とのテーマで、科学や技術に取組む者に求められる心構えや考え方についてお話しいただきました。簡潔なメッセージの中に、多くの貴重な示唆に富んだお話をいただきました。日本が進むべき方向を示す熱いメッセージに会場も大いに盛り上がりました。

2016/11/01