ニュース

<開催速報>第12回「科学の泉-子ども夢教室」ニュース

開催日程 2016年8月7日(日)~8月12日(金)5泊6日
開催場所 長野県小県郡青木村
参加者 小学校5年生~中学校2年生、28名

2016年8月7日(日)~12日(金)、長野県小県郡青木村において、第12回「科学の泉-子ども夢教室」を開催しました。ノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏を塾長に、2005年から毎年行っている活動です。子どもたちが、異学年の仲間や指導員と寝起きを共にしながら、自然とのふれ合いなどを通じて、「自然に学ぶ」教室です。今年は、全国から集まった28名の小学校5年生~中学校2年生が参加しました。

子どもたちは青木村の自然の中で、自分が不思議に思う事や知りたいことを見つけて探求活動を行います。自ら不思議に思うこと、知りたいことをテーマに決めて、昆虫、両生類、水中生物、植物など、自分の目でじっくり観察し、スケッチし、顕微鏡や図鑑などを用いて熱心に調べました。
指導員の先生方は白川英樹塾長の指導の下、「教えないこと」を念頭に、塾生たちの探求活動に寄り添い、サポートしました。

開催中には、白川英樹塾長がノーベル賞を受賞したきっかけとなった「導電性プラスチック」の実験を行いました。今年は、新しい小型アンプを用い、工作や実験を行い、フィルム状の自作のスピーカーから音が出た時には理科室全体が塾生の驚きと歓声に包まれました。

最終日には、子どもたちは班に分かれてそれぞれの研究発表を行い、白川英樹塾長から修了証が手渡されました。

塾生たちは、来年3月に行われる「科学の泉 交流会」で再会することを楽しみに帰路につきました。

2016/08/22