ものづくり教室

手作りマンガン乾電池ソニーものづくり教室

2015年度「ソニー子ども科学教育プログラム」奨励校の玉川村立須釜小学校の先生と児童を事業所にお招きして、ものづくり教室を開催しました。

主催:ソニーエナジー・デバイス(株)郡山事業所

開催概要

  • 開催日:2017年2月7日(火)
  • 主催/会場:ソニーエナジー・デバイス(株)郡山事業所
  • 参加者:玉川村立須釜小学校 6年生(28名)

プログラム

  1. 会社紹介
  2. 電池教室
  3. 工場見学、電池作り、環境教室
  4. 昼食(社員食堂にて)
  5. アンケート記入

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • 電池を自分で作ったところ
  • 驚いたこと
    • 電池にはたくさんの材料が使われていることがわかったこと
  • 一番難しかったこと
    • 炭素棒をハンマーで叩いて電池に入れるところ
  • 次に作りたいもの
    • 他の種類の電池(ボタン電池など)

主催者より


ソニーエナジー・デバイスのものづくり教室は、前年度のソニー子ども科学教育プログラムで受賞した福島県内の小学校を対象に行っています。
到着当初はやや緊張した様子の児童の皆さんでしたが、徐々に慣れて昼食時には元気になっていました。
日常生活で身近な、果物(レモン・グレープフルーツ)やバケツを使用した実験を見たり、一次電池・二次電池の種類など電池に関する簡単な知識を一通り学んだあと、リチウムコイン電池の製造工程、電池の安全性を確かめる安全性試験室を特別に見学してもらいました。
子ども達に、科学により関心をもってもらう一助になれば幸いです。

(文責:ソニーエナジー・デバイス(株)郡山事業所)