ものづくり教室

ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン(京都)ソニーものづくり教室

夏休みに親子で一緒にペットボトルヘッドフォンを作りました。音の出る仕組みも学びました。

主催:ソニー生命保険(株)京都LPC第1支社

開催概要

  • 開催日:2016年8月7日(日)
  • 主催・会場:ソニー生命保険(株)京都LPC第1支社
  • 参加者:幼稚園児~小学校6年生の親子(9組23名)

プログラム

  1. スケジュール案内
  2. 開催主旨
  3. ヘッドホン製作(約2時間)
  4. 完成チェック、記念写真撮影
  5. 原理解説
  6. アンケート記入、修了証授与

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • 出来上がる過程が楽しかった。
    • 紙と紙をつないでパーツをつくったり、ペットボトルを切ったりするのは楽しかったです。
  • 驚いたこと
    • 思ったよりしっかり音が聴こえた。
    • 身近なものでつくれたこと。
  • 一番難しかったこと
    • コイルをつなげたりまくところ。
    • ペットボトルをきれいに切ること。
    • スポンジをきれいに貼り付けるところ。
  • 次に作りたいもの
    • 電気のしくみ、磁石のしくみを知りたい。電気をつくってみたい。
    • オリジナルフォトスタンド
    • 電話機、ゲーム機
    • 海水を真水に変える方法

主催者より

夏休みの特別企画として、親子で楽しめるものづくり教室を開催しました。幼稚園児や小学校低学年の参加者には、少し難しい作業もある「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」作りですが、親子で協力しながら製作に取り組み、時間内に完成させることができました。

完成後はスマートフォンに接続し、実際に音楽を聴いていただきました。子どもたちは「ほんとに聴こえるかな~?」とワクワクしながらヘッドフォンをかぶり、音楽が聴こえたときには「やったー!」「すごい!」と素敵な表情を見せてくれました。

(文責:ソニー教育財団)