ものづくり教室

モーターで回り続けるジャイロコマをつくろうソニーものづくり教室

茅ケ崎市立小和田公民館が主催、ソニーエンジニアリング(株)が共催となり、地域の小中学生が対象の夏休み電子工作教室として、ものづくり教室を開催しました。

主催:茅ケ崎市立小和田公民館、共催:ソニーエンジニアリング(株)

開催概要

  • 開催日:2016年7月27(水)
  • 主催:茅ケ崎市立小和田公民館
  • 共催:ソニーエンジニアリング(株)
  • 会場:茅ケ崎市立小和田公民館
  • 参加者:地域の小中学生(35名)

プログラム

  1. オリエンテーション
  2. 原理の説明
  3. 製作
  4. 修了証授与

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • いろいろな工具を使って作ったこと
    • 自分で作ったコマが回ったこと
  • 驚いたこと
    • こんなものが作れるんだということ
  • 一番難しかったこと
    • 作ることが全体的にむずかしかった
  • 次に作りたいもの
    • リニアモーターカーのようなもの
    • 水圧ロケット
    • ロボット

主催者より


ソニーエンジニアリングの社員が子どもたちのものづくり体験のために企画した「カプセルトイケースを使ったジャイロコマ」作りを行い、さまざまなところで活用されているジャイロの仕組みを学びました。

子どもたちの作っているときの真剣な眼差し、組み上がったけど動かなかった時の表情、周りよりも若干遅れながらも完成させたコマが回りだしたときの笑顔、など様々な反応から、いろいろな工具を使って、何かを組み立てることの難しさ、楽しさを感じ取ってもらえたと思います。

(文責:ソニーエンジニアリング(株))