ものづくり教室

No.280 録音機能について学ぶ 半導体について知るソニーものづくり教室

伊美小学校(大分県)の4年生・5年生が、ICレコーダーづくりに挑戦しました。

主催:ソニーセミコンダクタ(株) 大分テクノロジーセンター

開催概要

  • 開催日:2015年10月19日(月)
  • 主催・会場:ソニーセミコンダクタ(株) 大分テクノロジーセンター
  • 参加者:国東市伊美小学校 4・5年生 26名

プログラム

  1. オリエンテーション
  2. 原理の説明
  3. 製作
  4. クイズ大会(半導体や環境保護について)
  5. 認定証授賞式・記念撮影

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • ICレコーダを作製できたところ
    • 目や口を上手に作れたところ
  • 驚いたこと
    • 基板に小さな部品が沢山ついていたところ
    • 話した事が録音されて聞こえた事
  • 一番難しかったこと
    • ネジをしめるところ
  • 次に作りたいもの
    • ゲーム

主催者より



地元の小学4・5年生26名に、ICレコーダーを組み立てることで、ものづくりの楽しさと「自分もデキル、つくれる!」という達成感を味わっていただきました。

先ずはICレコーダーの仕組みを説明。特に、機械におけるICの役目について理解してもらいました。作業としては、基板をケースに固定するところに苦労していましたが、スタッフの協力を得て全員クリア出来ました。その後は早く次に進みたいと意欲満々で、あっという間に完成する事が出来ました。

今回は工場見学のかわりに、半導体と環境保護についての「◯×クイズ大会」を実施しました。 子ども達達に馴染み深い「クワガタ」や「カブトムシ」のクイズに大盛り上がり!

最後に修了証と記念品を児童代表に授与し、ものづくり教室は終了しました。

(文責:ソニーセミコンダクタ(株) 大分テクノロジーセンター)