ものづくり教室

第257回 録音機能について、作って遊んで楽しく学ぶソニーものづくり教室

武蔵西小学校(大分)の4年生がICレコーダーづくりに挑戦しました。

主催:ソニーセミコンダクタ(株)大分テクノロジーセンター

開催概要

  • 開催日:2015年7月10日(金)
  • 主催/会場:ソニーセミコンダクタ(株)大分テクノロジーセンター
  • 参加者:国東市立武蔵西小学校 4年生(11名)

プログラム

  1. オリエンテーション(会社紹介含む)
  2. 原理の説明
  3. 製作
  4. 記念撮影
  5. 工場見学(環境学習含む)&食堂にて昼食
  6. 認定証授賞式

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • 伝言ちゃんを作ったこと
    • 録音/再生が出来たこと
  • 驚いたこと
    • 話したことが録音されて聞こえた事
    • 基板に細やかなのがたくさんついていたところ
  • 一番難しかったこと
    • 2本のドライバーで小さなネジを固定する事
  • 次に作りたいもの
    • AIBO
    • 伝言ちゃん
    • おもちゃ
    • 風力発電機

主催者より




これまでは出張ものづくり教室を実施していましたが、今回、初の試みで社内にて開講しました。

小学4年生11名を大分テクノロジーセンターに招待し、ものづくりの楽しさや、ソニーと言う会社に興味を持って貰おうと企画しました。

まずは、市販されているソニー製のICレコーダーを見せ、「これと同じものが、自分達でも作れるのだ」という感動を味わってもらいたいと伝えました。

作業としては、基板とケースを固定するところに苦労していましたが、それでもスタッフの協力を得てスムーズに固定する事が出来ました。その後は早く次に進みたいと意欲満々で、あっという間に完成する事が出来ました。

今回、工場見学や社員食堂体験も予定していましたが、さらに時間に余裕が出たため、AIBOと遊んだり、大分テクノロジーセンターが取り組んでいる環境推進のDVDを見たりと、大変充実した内容になりました。

工場見学では、大きなクリーンルームにラインが敷かれ、設備が沢山あるにも関わらず、たったの5〜6人で装置を動かしているという説明に、驚きの様子でした。

最後に修了証と参加賞を児童代表に授与し、ものづくり教室は終了しました。

小学生からは、「日頃ソニーの工場の前を通るけど、中ではこんなに凄いものを沢山作っているのか」「ソニーに来てものづくり教室が体験出来て本当に良かった、大きくなったらソニーで働きたい」との言葉を頂きました。

未来のソニーのエンジニアがまたここに増えた様に思えました。

(文責:ソニーセミコンダクタ(株)大分テクノロジーセンター)