ものづくり教室

No.248 発電・蓄電ワークショップソニーものづくり教室

大河原南小学校(宮城県)にて、発電・蓄電ワークショップを開催しました。

主催:ソニーセミコンダクタ(株)白石蔵王テクノロジーセンター

開催概要

  • 開催日:2015年1月16日(金)
  • 主催:ソニーセミコンダクタ(株)白石蔵王テクノロジーセンター
  • 会場:大河原町立大河原南小学校
  • 参加者:大河原南小学校の6年生(38名)

プログラム

  1. オリエンテーション
  2. スティックジェネレーター製作
  3. 発電大レース
  4. 電磁誘導の仕組み
  5. まとめ
  6. 修了証授与

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • シャカシャカ振ってグループのみんなで電気をためて楽しかった
    • 最後にレースをしたこと
  • 驚いたこと
    • 電気を簡単に作れるとは思わなかった
    • 光る仕組みについての説明
  • 一番難しかったこと
    • 基板に小さいものを取り付けるところ
    • プラスとマイナスの見分け方
  • 次に作りたいもの
    • 風力発電機
    • 自分で充電したものを持っている機械で使ってみたい

主催者より

白石蔵王テックがある白石市のお隣、大河原町の大河原南小学校で発電・蓄電ワークショップを開催しました。

6年生の生徒の皆さんは明るく元気よく、当日はフリー参観日ということで、保護者の皆さんが見学する中でのリラックスした雰囲気で授業が始まりました。電気とはどんなものなのか?自分たちの普段の生活に着目しながら考えていきます。実際に自分の手で発電体験ができる、スティックジェネレーターの工作に取りかかると、積極的な生徒の皆さんも、講師の話に熱心に耳を傾け、その表情は真剣そのものでした。

全員無事に完成し、その仕組みについて学んだあとは、チーム対抗の電車レースです。チームに分かれ、さらに前半戦と後半戦に分かれて、一つのコンデンサに電気を蓄え、電車を走らせます。仲間同士声を掛け合い、非常に盛り上がるレースとなりました。この経験が理科への関心につながることを願い、また、卒業を控えた6年生の皆さんにとって良い思い出となってくれれば幸いです。

(文責:ソニーセミコンダクタ(株)白石蔵王テクノロジーセンター)