ものづくり教室

No.237手づくり電池実験ソニーものづくり教室

福岡小学校(宮城県)の親子行事で手づくり電池実験を開催しました。

主催:ソニーセミコンダクタ(株)白石蔵王テクノロジーセンター

開催概要

  • 開催日:2014年11月6日(木)
  • 主催:ソニーセミコンダクタ(株)白石蔵王テクノロジーセンター
  • 会場:白石市立福岡小学校
  • 参加者:白石市立福岡小学校の4年生(40人)

プログラム

  1. オリエンテーション
  2. バケツ電池の製作と実験
  3. 電池について学ぶ
  4. 手づくりマンガン電池の製作と実験
  5. まとめ
  6. 修了証授授与・記念撮影

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • 本物の乾電池を作れたのでよかった
    • 電池の中が見られたこと
  • 驚いたこと
    • 塩水で電気がついたこと
    • 電池の種類がたくさんあること
  • 一番難しかったこと
    • 黒い粉(二酸化マンガン)を入れるところ
    • トンカチで棒を折らないようにたたくところ
  • 次に作りたいもの
    • 豆電球
    • テレビ

主催者より

白石蔵王テックから車で約10分、同じ白石市内にある福岡小学校にて、手づくり電池ワークショップを行いました。今回は4年生の親子行事として、児童40名と保護者の方々にご参加いただきました。元気いっぱいの子どもたちでしたが、講師の説明にはきちんと耳を傾け、丁寧に作業を進めている様子が印象的でした。バケツ電池やマンガン電池のしくみについて説明をしている間も、興味深そうなまなざしでスクリーンに見入っていました。全員が無事に、世界に1つだけのオリジナル乾電池を完成させると、保護者の皆さんとうれしそうに微笑みあっていました。今回の授業をきっかけに、より一層理科に興味をもっていただければ幸いです。

(文責:ソニーセミコンダクタ(株)白石蔵王テクノロジーセンター)