ものづくり教室

No.235 録音機能について、作って遊んで楽しく学ぶソニーものづくり教室

3つの小さな小学校の5年生が、3校合同でICレコーダーづくりに挑戦しました。同じ材料でも、目や口をつけると個性が出て楽しい仕上がりです。

主催:ソニーセミコンダクタ(株)大分テクノロジーセンター

開催概要

  • 開催日:2014年10月20日(月)
  • 主催:ソニーセミコンダクタ(株)大分テクノロジーセンター
  • 会場:大分県国東市立伊美小学校
  • 参加者:国東市の小学5年生(31名)

プログラム

  1. オリエンテーション(会社紹介含む)
  2. 原理の説明
  3. 製作
  4. 記念撮影
  5. 完成品を使ってゲーム
  6. 認定証授賞式

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • 伝言ちゃんを作ったこと
    • 目や口の飾りつけがうまくできたこと
  • 驚いたこと
    • 話したことが録音されて聞こえた事
    • 自分でも作れた
  • 一番難しかったこと
    • 小さなネジで基板を固定する事(ドライバー作業)
  • 次に作りたいもの
    • ウォークマン
    • パソコン
    • 携帯電話

主催者より

開会の挨拶から始めるも、待ちきれない様子で早く「つくる作業」に入りたいという気持ちが伝わってくるようでした。いよいよ箱を開けて、まずは、ネジとナットを解体するところから始まりました。小さいネジとナットをクルクルと回す作業に苦戦している様子でしたが上手にできました。

そして、一番の難所、基板の組み込みです。ドライバーを使う工程でネジを落としたり、垂直にネジ穴に入らず苦労したりしていましたが、指導者や友達と協力して作業を進めていました。その後、無事に完成したICレコーダーを使って「届け伝言ちゃんゲーム」を開始。

自分のICレコーダーに名前を録音し、それを他の児童が聞き取り、持ち主に渡しに行くゲームです。

渡す時には名札を交換して挨拶をし、「友達になる」という児童感の交流がねらいでしたが、早くも友達になれたようで大成功でした。

最後に修了証と参加賞を各校の児童代表に手渡し、ものづくり教室は終了しました。これをきっかけに、子どもたちがものを作る楽しさに目覚め、将来エンジニアとして世界に羽ばたいてくれると嬉しいです。

(文責:ソニーセミコンダクタ(株)大分テクノロジーセンター)