ものづくり教室

No.213 ペットボトル・ソーラーカーソニーものづくり教室

モーターユニットを組み立て、配線作業をしてペットボトル・ソーラーカーを作りました。4Kデジタルシネマの視聴体験も行いました。

開催概要

  • 開催日:2014年3月26日(水)
  • 主催/会場:ソニーセミコンダクタ(株)熊本TEC
  • 参加者:菊陽町立中部小学校 5年生(30名)

プログラム

  1. オリエンテーション
  2. 会社概要説明
  3. ソーラーカー製作・試走
  4. 昼食
  5. 4Kデジタルシネマ、HMD視聴
  6. 認定証授賞式、アンケートの記入

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • 作っているとき(特にタイヤ、モーター)
  • 驚いたこと
    • 4Kデジタルシネマの映像が綺麗だった
  • 一番難しかったこと
    • 配線すること
  • 次に作りたいもの
    • ソーラーで動くもの

主催者より

説明書を読みながら組み立てる姿、友だちと相談しなかがら組み立てる姿、完成してからも改善を試みる姿など、参加した子どもたちがソーラーパネルに興味をもって楽しく「ものづくり」をしたことが分かります。

当日はあいにく雨になり太陽の力で動かすことはできませんでしたが、工事用の照明を持込み「ソーラーパネルに照明を向けると勢いよく走り、照明があたらないと走らないこと」「ペットボトルの大きさで速さが変わる」「ギアの大きさでスピードが違う」など鋭い観察もありました。

「大きいソーラーのソーラーカー」「電気を作ってみたい」など次に作ってみたいものの着想も豊かです。子どもたちが科学と技術への夢を大きく育ててくれることを願います。

(文責:ソニーセミコンダクタ㈱熊本TEC)