ものづくり教室

No.176 手作りCDプレーヤーを作ろうソニーものづくり教室

プレイステーション(R)などを製造するソニーイーエムシーエス(株)木更津サイトでは、その原型となるCDプレーヤーの原理を学ぶことのできる「手作りCDプレーヤー」の製作と、最新の機器を備えたオーディオ・ビデオのデモルームの見学などを実施しました。

開催概要

  • 開催日:2013年7月29日(月)
  • 主催/会場:ソニーイーエムシーエス(株)木更津サイト
  • 参加者:社員の家族の小学校5、6年生(30名)

プログラム

  1. 会社紹介など
  2. CDプレーヤー製作
  3. オーディオ・ビデオ視聴体験
  4. アンケート記入
  5. 終了

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • 部品を組み立てた事
  • 驚いたこと
    • 厚紙に色を塗り潰しただけでCDになった事(センサーがドレミ…を読み取った事)
  • 一番難しかったこと
    • 基板を貼り付ける事
    • 回転板の面ブレ調整
  • 次に作りたいもの
    • ラジオ
    • 携帯電話

主催者より

組み立ては、正確さが要求される工程です。ケースの組み立て→回転盤の組み立てと取り付け→センサー基板の取り付け→メイン基板(スピーカーなど)の取り付け→回転アームの取り付け、と進みます。特にセンサー基板の取り付けは、「目に見えないA線とB線に合わせる」ところが難所でした。

いよいよ、自分が組み立てたプレーヤーで音を出します。デモ・ディスクを回転アームで回すと、あちこちから音が聞こえ、音と一緒に子供達から「わぁ。」と嬉しそうな声と表情が見られました。

次は、デモ・ディスクと同じ3ビットの信号盤で楽譜をデジタル信号に書き換えてみます。「デジタル」信号に初めて触れる場面です。楽譜を読みながら「ファファファファ…」小さな声で口にして間違えないように厚紙を塗りつぶしていきます。自作CDが完成したら早速、CDプレイヤーで音を出します。緊張と期待が入り混じった子供たちの顔は、とても輝いて見えます。
自作CDプレイヤーに耳を近づけメロディが流れると「ミッキーマウスマーチ?」とスタッフに訪ね、正解を貰うと達成感でいっぱいです。長時間の教室となりましたが、参加した子どもたちは集中して「ものづくり」に励み、説明を聞くことができました。

(文責:ソニーイーエムシーエス(株)木更津サイト 人事総務1部人事総務課)