ものづくり教室

No.173 発電・蓄電ワークショップソニーものづくり教室

ソニーセミコンダクタ(株)白石蔵王テクノロジーセンターの社員講師が近隣の小学校に出向き、夏休み直前の終業式後に、6年生の親子行事として、発電・蓄電ワークショップを実施しました。

開催概要

  • 開催日:2013年7月19日(金)
  • 主催/会場:ソニーセミコンダクタ(株)白石蔵王テクノロジーセンター
  • 参加者:白石市立大鷹沢小学校 6年生(23名)

プログラム

  1. オリエンテーション
  2. 電磁誘導の仕組み
  3. スティックジェネレーター製作
  4. 発電大レース
  5. まとめ
  6. 修了証授授与・記念撮影

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • 電気を作ってためてプラレールで遊んだこと
    • スティックジェネレーターを作ったことと
    • チーム協力戦をしたこと
  • 驚いたこと
    • 自分で電気を作れること
    • 今の電気についての環境など
  • 一番難しかったこと
    • 導線を巻くところ
  • 次に作りたいもの
    • 電車
    • モーター

主催者より

大鷹沢小学校では、終業式後の親子行事として、発電・蓄電ワークショップを企画しました。保護者の皆さんと一緒に和気あいあいとした雰囲気で発電装置(スティックジェネレーター)を製作し、コイルと磁石を使った電磁誘導の仕組みを学びました。
その後はチームに分かれてプラレールを使ったレースを行いました。「よーい、スタート!」の合図で、生徒の皆さんは一斉に自作のスティックジェネレーターを振り、制限時間内にコンデンサに溜めた電気を使って、プラレールの電車を走らせます。仲間同士で協力しあい、非常に盛り上がるレースとなりました。これをきっかけに、科学やものづくりに興味をもってもらえたら幸いです。

(文責:ソニーセミコンダクタ(株)白石蔵王テクノロジーセンター)