ものづくり教室

No.171 手作りマンガン乾電池作りソニーものづくり教室

ソニーエナジー・デバイス(株)は、本社の郡山事業所に猪苗代町立長瀬小学校の5・6年生を招待し、乾電池を製作してもらう他、電池の製造現場や電池の安全性試験の見学を体験してもらいました。

開催概要

  • 開催日:2013年7月1日(月)
  • 主催/会場:ソニーエナジー・デバイス(株)郡山事業所
  • 参加者:猪苗代町立長瀬小学校 5,6年生(37名)

プログラム

  1. 会社紹介など
  2. バケツ電池を使って電池原理の説明
  3. 工場見学および
  4. 手作りマンガン乾電池作り
  5. 昼食
  6. アンケート記入
  7. 終了

終了後のアンケート回答から

  • 一番楽しかったこと
    • ハンマーを使用して炭素棒を電池に挿し込む作業
  • 驚いたこと
    • 最後の仕上げでラミネートフィルムがドライヤーの熱で縮んだところ
  • 一番難しかったこと
    • 二酸化マンガンを亜鉛カンに入れる作業
  • 次に作りたいもの
    • 充電器
    • 充電ができる2次電池など

主催者より

長瀬小学校は2012年度のソニー教育科学プログラムで奨励校となった学校であり、初の来社となります。ワークショップでは、参加した子どもたちへ身近な品物であるけれど普段は使うだけで中がどうなっているのか分からない乾電池を自分で作ってみるだけでなく、実際に電池を製造している工場や電池の安全を確かめる安全性試験の見学を通して電池という一つのトピックを深く学ぶとともに、さまざまな視点からの学習機会を提供しています。

当日の子どもたちは、初めて訪れるソニーの工場に目を輝かせながら、終始笑顔で、説明者の説明に聞き入り熱心にメモをとるなど学習意欲が旺盛でした。今回の体験が科学技術の世界の探求心により一層の興味・関心をもってもらうきっかけになれば幸いです。

(文責:ソニーエナジー・デバイス(株)人事総務部福島総務課)