フォトコンテスト

第10回 入選作品「科学する心」を見つけよう フォトコンテスト

順不同・敬称略

科学する心賞(2作品)

    • 捕まえられるかな?(3歳)
    • 佐々木順哉(埼玉県)
    • シャボン玉を摘まんで捕まえようと必死な娘の姿を撮影しました。

    審査委員コメント
    自然の中で、いろいろな大きさや色のシャボン玉に囲まれた子どもの様子に、思わずレンズを向けた保護者の愛情が伝わってきます。たくさんのきれいな色のシャボン玉に心を動かされ、夢中になって捕まえようとしています。自分から離れていく目の前にあるシャボン玉に注目し、割れて消えてしまわないよう、そっと摘まんで捕まえたいというその瞬間の真剣な表情に、「科学する心」が見て取れる作品です。奥行きやシャボン玉の立体感が出るような、撮影者による工夫も写真の魅力を増しています。

    • お手て繋いで♪(4歳5ヶ月)
    • のこ(愛知県)
    • 実際は手を繋いでいないのに、影は手を繋いでいる様!バスのお迎え前の影遊びで発見しました。

    審査委員コメント
    バスを待つ日常の中で自分達の影を見つけ、二人が寄り添って影の面白さを感じています。二人には手が届かないほどの距離があるものの、互いに少しずつ手を動かしながら、手を繋いでいるように影を合わせようと、気持ちが通じ合う過程が構図から伝わってきます。そして、影の不思議さを子どもと一緒に発見できた「科学する心」に、保護者の喜びが感じられます。実際には触れ合っていない手と手が影で結ばれたことで、互いの温かい心の繋がりと幸せな時間を感じさせる作品です。

いきいき賞(9作品)

    • 大きな葉っぱ(0歳10ヶ月)
    • さやか(東京都)
    • おじいちゃんの畑で見た巨大な里芋の葉っぱ。ワァっと目をキラキラさせてずっと観察していました。
    • あれれ?砂が!?(1歳6ヶ月)
    • ぽんた(大阪府)
    • 濡れた砂を握ると固まる様子に不思議そうな顔!波で服が濡れるのもお構いなしに夢中になっていました。
    • きこえる?きこえない?(2歳4ヶ月、2歳8ヶ月)
    • 中村天津(京都府)
    • 紙コップの糸電話。聞こえたり、聞こえなかったり、「何故?なの?」って、何度も聞かれました。
    • おちば温泉(2歳5ヶ月、5歳6ヶ月)
    • ほんちゃん(東京都)
    • 「思ったより温かい~」「香ばしい~」「カサカサするね~」「目を隠してみる~」秋冬限定おちば温泉。
    • ぼくの大発見!(3歳4ヶ月)
    • yoshitakae(大阪府)
    • 木の玩具、りんご、クリップを並べて、どれがくっつくか考えて、クリップがくっついて大喜びしています。
    • キラキラ水族館(3歳4ヶ月)
    • とーとまま(埼玉県)
    • プラ容器に色を塗って作った水族館。「見て!床にも水族館がキラキラ映ってる~」とウットリ。
    • バッタと勝負のにらめっこ!(4歳9ヶ月)
    • パパスタJosh(岩手県)
    • 見つけたトノサマバッタ。すぐさま顔を近付け間近で観察しつつにらめっこ。虫の観察が大好きな息子です。
    • 光で遊ぶ(5歳7ヶ月)
    • かつお(福岡県)
    • 懐中電灯にハマった長男。ペットボトルにマジックで色の模様を付け、投影して遊んでいました。
    • つまめた(5歳10ヶ月)
    • YOSHI(福岡県)
    • 新鮮な卵の黄身はつまめるとのことで挑戦。成功したときは驚きと喜びのまじったような表情をしていました。

きらり賞(39作品)

    • 光の筋(0歳3ヶ月)
    • きのぴぃ(大阪府)
    • カーテンの間から差し込んだ光の筋に興味津々。うつぶせができるようになって世界がまた広がりました。
    • 動くぞ。(0歳8ヶ月)
    • kiyo-TA(広島県)
    • 積み木とペットボトルをぶつけて音を出したり、中の水の揺れる様子を真剣な顔で見ています。
    • 何が見えるのかな(1歳)
    • タカちゃん(大阪府)
    • 初めて鏡を覗き込んで不思議そうに見入る初孫。1歳は何でも興味津々。
    • ワクワク!水遊び(1歳2ヶ月、2歳5ヶ月)
    • 築井久美子(長野県)
    • 雨上がり、バケツやジョウロにたまった雨水を見つけました。びしょ濡れなのも気にせず、水遊びに夢中です。
    • はじめまして!(1歳3ヶ月)
    • ニッキー(神奈川県)
    • はじめて出会ったカマキリに、興味津々の息子。深々と頭を下げて、挨拶しているようでした。
    • ねぇねぇ,何を見てるの?(1歳3ヶ月)
    • おとしゃん(福島県)
    • 磯遊びで出合った海藻。太陽にかざしてじっと見た後、何かが気に入ったようで、大事そうに持っていました。
    • こっちは割れた!(1歳5ヶ月)
    • ゆいまーる(東京都)
    • 小枝を石(写真手前)に刺そうとしてもびくともしなかったが、同じように見えた土の塊はすぐ崩れてびっくり。
    • どうして動かないの~(1歳9ヶ月、4歳1ヶ月)
    • 仲良し3兄弟(宮城県)
    • お庭でお兄ちゃんが「毛虫みたいな草があるよー!」と発見。弟はどうしてニョロニョロ動かないのか観察中。
    • カブトムシGO!!(1歳10ヶ月、4歳10ヶ月)
    • 山口正二郎(京都府)
    • 下の子は初めて見る本物のカブトムシに興味津々。アタマの上にも一匹のってますよー!!
    • ぼくの手にトンボが!(1歳11ヶ月)
    • 虹(富山県)
    • 真ん中のお兄ちゃんの指にトンボがとまりました。ちょっと怖いけど僕も!!
    • おんなじ色(2歳3ヶ月)
    • ゆずぽん(東京都)
    • 散歩中、急に立ち止まり「カエルだ!葉っぱとおんなじ緑だねぇ」とカエルに感心していました。
    • 初めてのうどん作り(2歳3ヶ月)
    • クッキング父ちゃん(大阪府)
    • 大好きなうどん。手打ちに挑戦!短い腕で一生懸命生地を伸ばし、終わってみればお腹は粉まみれでした。
    • 水たまりにバシャーン!(2歳5ヶ月)
    • きょもも(神奈川県)
    • どうやったら水しぶきが上がるかな?キックやジャンプ、高いところからの飛び込みなど色々試していました。
    • 風を観る(2歳6ヶ月)
    • りょうぱぱ(東京都)
    • 朝、風は木々の揺れで分かると家の窓ごしに教えたところ、公園に着くなり、芝で風を観察し始めました。
    • 冬コオロギの観察(2歳9ヶ月)
    • koushi(和歌山県)
    • 庭の隅で冬コオロギを見つけ、虫メガネで観察を始めました。触覚や足の数など得意気に話してくれました。
    • タコに負けない!(2歳9ヶ月)
    • ひぐりんパパ(鹿児島県)
    • 青空に一気に舞い上がった凧さんに引っ張られそうになったけど、「負けないぞ!」とふんばる、しん君。
    • 蟻の観察(2歳10ヶ月)
    • やさい(滋賀県)
    • 「ありさん、なにしてるんだろう?」と間近で蟻の動きを観察している姿が印象的でした。
    • ドキドキきかせてよ!(3歳2ヶ月)
    • おとーさん(埼玉県)
    • 犬もドキドキ聞こえるのか興味津々の長女。強引な身体検査に犬は降参でした。どんな音が聞こえたかな?
    • でんでんむしむし(3歳3ヶ月)
    • ふく(北海道)
    • 雨の次の日、公園にいるカタツムリを捕まえながら、でんでんむしの歌を歌い、カタツムリの真似しています。
    • おぼえたてのハサミで(3歳4ヶ月)
    • スカイウォーカー(北海道)
    • お気に入りのはさみでちょっきん。真剣な顔でちょっきんちょっきん。気がつけば部屋中毛糸だらけ…。
    • ふーっ(3歳4ヶ月)
    • kikiki(兵庫県)
    • おもちゃの風車を吹く強さで回転の速さが変わることを発見。思い切り息を吸って強く吹くと速く回るね。
    • あ”~~~!(3歳5ヶ月)
    • Iris(埼玉県)
    • キーホルダから鍵がなかなか外れないのにしびれを切らして思わず顔が歪んで来た。小さな子の一瞬の出来事。
    • 遠くにいるの?近くにいるの?(3歳6ヶ月、5歳10ヶ月)
    • わちこ(埼玉県)
    • 父親が何気に置いた眼鏡の向こうの世界に気づき、姉妹で科学の心が開いた瞬間です。
    • シャボン玉の不思議(3歳6ヶ月、5歳4ヶ月)
    • よしあす(大分県)
    • 雨の日にシャボン玉をしていたら、地面に付いても割れない事に気づき、お山を作っていました。
    • 魔法の小枝でお水を切るよ(3歳7ヶ月)
    • こたみこ(千葉県)
    • 水飲み場のまっすぐ一本伸びる水に、小枝をかざすと二つに割れた!妹(一歳)も拍手喝采でした。
    • あれ?!おいしいかな?(3歳7ヶ月)
    • 日本語辞典(岐阜県)
    • いちご獲り。真っ赤なおいしいいちごに夢中だった娘が立ち止まり疑問に思った瞬間でした。
    • さっきまで大丈夫だったのに…(3歳10ヶ月)
    • ゆと(静岡県)
    • 時間をかけて作ったお城。安全地帯だと思っていたのに潮が満ちてきて…3歳が諸行無常を感じた瞬間です。
    • どこまでいくのかな?(4歳1ヶ月)
    • あんず(神奈川県)
    • 持っていた棒に偶然てんとうむしが着陸!棒の端から移動していく様子をじっと観察していました。
    • あ、脱皮した~!(4歳5ヶ月)
    • ぴーちゃん(沖縄県)
    • 頑張って川で捕まえたエビ♪ママのカーラーで一生懸命作った、自家製エビめがねで毎日観察している娘です。
    • やっと見つけた!(4歳7ヶ月)
    • ままやこ(鹿児島県)
    • 剥いても剥いてもなかなかでてこないとうもろこし。黄色く光る中身が見えた時の顔は忘れられません!
    • 『かま』の観察(4歳8ヶ月)
    • ゆうこねこ(滋賀県)
    • かまきりはおててが『かま』だと知っているので怖くて触れない。でも『かま』ってどんなの?精一杯観察中。
    • これも「たけの”子”」?(5歳)
    • はる(福岡県)
    • 写真のサイズだと子どもではないかもしれませんが、「これも子ども?」と不思議そうにしていました。
    • ふたりの好奇心(5歳0ヶ月、5歳9ヶ月)
    • 森戸延行(千葉県)
    • 年末の公園にドングリが落ちていた。実が割れて、赤い芽が土まで伸びていた。興味を持つ二人でした。
    • 一杯くっついた!(5歳1ヶ月)
    • 加藤一郎(神奈川県)
    • 風船がドアーのガラスに付くのを喜んでいる孫です。そこで静電気で付くことを教えてやりました。
    • 虹ふたつ(5歳1ヶ月)
    • うき(滋賀県)
    • もともと飾ってた絵の前で園で作ってきた棒を振って「虹ふたつ作った!」母にはない息子の発想にびっくり。
    • てんとう虫、逃げないで!(5歳2ヶ月)
    • yuikoromana (沖縄県)
    • 「何かくすぐったい!」と腕を見ると、てんとう虫。逃げないように動かず見守る優しい目線が印象的でした。
    • 地球を覗こう!(5歳2ヶ月)
    • hiro(東京都)
    • 紙を丸めた望遠鏡で覗いた地球は、どんな世界が見えるのでしょうか。
    • のぼってこられるかな(5歳7ヶ月)
    • きたはち(千葉県)
    • かぶとむしってね、足が6本もあるのにからまないんだよ。と嬉しそうに教えてくれました。
    • どこから来たの?(6歳7ヶ月)
    • プラプラ(東京都)
    • ご飯を食べてお皿がピカピカになったらUFOが現れました!?

審査総評

第10回「『科学する心』を見つけようフォトコンテスト」には、「自分も子どもの時にこういうことしたな」「あの時、自分もなぜだろうと不思議に思ったな」など、幼少期を思い出させてくれる作品が多く寄せられました。そして、作品からは、その瞬間を保護者がどのような気持ちで撮影したのかと思わせるような、“保護者のワクワク感”が伝わってきます。“いまこの瞬間に子ども自身の心が動いている”、“目あてをもって自ら働きかけている”、“見る人の心をひきつける”といった視点で評価された作品が選出されました。これらは、さまざまな事象、自然物との偶然の出合いや偶発的な出来事を、子どもも保護者も見逃すことなく注目し、「科学する心」が育まれる体験に繋がっています。これからも好奇心や探求心を発揮する子どもの輝く姿を通して、みなさんの「科学する心」が揺さぶられることを願っています。

審査委員長
盛田昌夫/ 公益財団法人 ソニー教育財団 会長
審査委員
町田和子/ 社会福祉法人湘北福祉会 あゆのこ保育園 園長
八木義順/ 撮影家
露木和男/ 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
髙野瀬一晃/ 公益財団法人 ソニー教育財団 理事長