財団について

ごあいさつ財団について

会長ごあいさつ

会長 盛田昌夫

皆様、ソニー教育財団に対し、長年に亘るご支援・ご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

ソニーおよび当財団の創設者であった故・井深大さんには、子どもの頃からとても可愛がっていただき、親しくお付き合いをさせていただきました。尊敬して已まない井深さんに所縁の、当財団の会長に就任させて頂いたことは、喜びであると共に、大いなる責務を感じております。

ソニーは1959年に学校への教育助成を開始し、2019年に60周年の節目を迎えました。子どもたちに科学を好きになってもらいたいとの創業者の願いを受け継ぎ、長きに亘り、教育現場への支援活動を続けています。また、幼少期からの自然との触れ合いや、実体験を伴う「驚き」「感動」を「科学する心」と捉え、子どもたちを対象とした体験型プログラムを展開しています。未来を生きる子どもたちには、科学的知識の向上もさることながら、豊かな人間性、感性や創造性を育んで欲しいと願ってやみません。

ソニー教育財団は、これからも教育現場のみなさまと一緒に、「科学する心」で未来を切り拓く子どもたちを応援し続けてまいります。

引き続きご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

公益財団法人 ソニー教育財団
会長 盛田昌夫

理事長ごあいさつ

理事長 根本章二

この度、2019年4月1日付けで、ソニー教育財団の理事長に就任しました。

ソニーが「小学校への理科教育支援」という形で、教育助成活動を始めてから60周年を迎える年に、当財団の理事長を拝命しますことは、大きな喜びと期待とともに、身の引き締まる思いでございます。

幼児期に、子どもたちは自然の中でたくさんの「なぜ?どうして?」を見つけます。ソニー教育財団が大切にしている「科学する心」の原点です。世界的な規模で多くの矛盾や課題を抱える時代に、多様性を受入れ、様々な事象に対して好奇心を抱く感性を育み、科学的な目を養うことは、大変重要であると考えております。

従来に増して新しいことにチャレンジしていく気持ちを大切にしながら、先生や保育者の方々、保護者の方々をはじめ、子どもたちに関わる多くのみなさまと共に、未来を生きる子どもの「科学する心」を育てる取り組みを邁進できるよう、一層努力してまいります。

皆様のご支援とご協力を心からお願い申し上げます。

公益財団法人 ソニー教育財団
理事長 根本章二